トップページ|緑内障治療119番

30,000人を超える視力回復実績!この緑内障治療トレーニングは、お金も掛からず、特別な道具も必要ありません。朝の洗面のついでに、仕事中の気分転換に、入浴中など、6歳のお子様から88歳のご高齢の方でもいつでもどこでも実践できます。

緑内障は放っておけば治る病気ではありません

実は、自宅でできる緑内障治療

突然ですが、あなたは次のように悩んでいませんか?

  • 進行を止めるために点眼薬を使っているが副作用が気になる
  • 目が痛くて病院で診てもらったところ予備軍と診断されてしまった
  • 手術が必要と言われたが費用が高く、他にいい方法はないか探している
  • 数年前に手術をしたが、眼圧がまた以前の状態に戻ってしまった
  • 父が緑内障で年々視力が低下してしまったいるので助けてあげたい
  • 薬や手術をしなくても眼圧を下げる方法があればいいなぁ
  • 絶対に失明はしたくない

一般的に、緑内障には、点眼薬や手術といった事が有効言われています。

しかし、一切お金を掛けることなく、特別な道具も使わずに、緑内障を治療する方法があるのです。

更に、この方法の素晴らしいところはまだあります。

自宅にいながら簡単にできる方法なのに、その効果は、手術を行ったかのように、治療できてしまうのです。

視力を守る

実は、緑内障は正しい知識さえ持っていれば、どの様なタイプであっても、治療できます。

もしかしてあなたは、以下のように勘違いをしていませんか?

「身内に緑内障の患者がいるので、遺伝だ…」
「年齢が年齢だから仕方ない…」

そして、治療できない原因として考えられるのは次の2つです。

■緑内障になる本当の原因を知らないから
■対症療法に頼り切った治療

治療できない原因はここにあるのです。

しかし、多くの方はこの事実を知りません。

あなたの周りの人にも聞いてみても、ほとんどの人が「遺伝や年をとったからじゃない?」と答えるはずです。

私は、このホームページに訪れてくださったあなたには、この真実を知ってもらい、『視力』という大事な資産を守っていただきたいと考えています。

「失明なんてしたくない」緑内障を治療する!

血流障害を治療すればいいのです

治療へ向けて

緑内障とは、視神経の形に異常をきたし、視野障害が起こる慢性の病気です。

遺伝でも年をとる事でもなければ、本当の原因は何なのでしょうか?

それはずばり血流障害です。

血流障害が起こることによって、目の周囲の眼筋、網膜、視神経が弱くなり、房水のバランスが崩れて眼圧が上昇し、視神経を傷つけ視野が狭くなっていくのです。

ですから、血流障害を治療することにより緑内障も治療されるのです。

そのためには、人間の体の情報管理システムを担っている皮膚、心臓をしなやかに働かせるセンサーがある筋肉や、情報伝達のコントロールを行っている骨を、同時に刺激し、エネルギーの流れを正常に整え、自律神経の乱れを調整する必要があります。

更に、全身運動を行い、臓器に汗をかかせることによって、より自律神経は整えられ、血流障害を起こさない体を手に入れられるのです。

あなたもこの方法試してみませんか?

「効果がありそうだし、試してみたいとは思うけど、イマイチ内容が把握できません・・・」

と思われたかも知れませんね。

もう少し具体的に解説すると、以下の3つの工程に沿って実践すればOKです。

(1)緑内障の原因を正しく理解していただきます
(2)ある方法で血流を改善し、症状の原因を取り除いていただきます
(3)ある方法を日課にし、緑内障を治療する生活を送っていただきます

この方法で効果を体感された方は90%以上にも上り、現在までに30,000人以上の悩める患者さんを救ってきました。

『ある方法』が気になるところですが、ある方法とは6歳のお様から88歳のご高齢の方でも簡単に実践できる方法です。

あなたも手術や点眼薬に頼らず自宅で緑内障を治療しませんか?

メインメニュー

おすすめする3つの理由

『緑内障』を知る

緑内障(りょくないしょう、英: glaucoma)は、目の病気の一種。青底翳(あおそこひ)とも呼ばれる。網膜神経節細胞が死滅する進行性の病気であり、特徴的な視神経の変形と視野異常(視野欠損)を呈する。基本的には現時点では一度喪失した視野は回復させることが困難なため、失明の原因になりうる。日本では、最近になって糖尿病網膜症を抜いて1番目の失明の原因となっている。視野狭窄は自覚されないうちに末期症状に至ることも多く、発見には定期的な健康診断が必須である。

詳細はコチラ

当サイトについて

リンク集

おすすめサイト

逆アクセスランキング

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加